便秘を改善するための腸内ケアに最適な食物繊維

便秘を改善するための腸内ケアに最適な食物繊維

便秘で悩んでる方は改善するための対策

 

便秘は万病のもとと言われていますね。とくに女性に多いですね。長年便秘で悩んでる方は改善するための対策を何かしていますか?

 

最近の健康にも美容にも腸内ケアが大事と雑誌やテレビでよく目にするのではないかと思います。私自身、自分の腸内ケアも改善する目的で以前からいろいろ試したり、学習したりしてきました。これから腸内ケアをよくする食物繊維についていろいろ説明したいと思います。

 

食物繊維の中でもとくに水溶性食物繊維を意識する

 

水溶性食物繊維は、言葉の通り水に溶けて便を柔らかくし、また腸内をゆっくり動かしていきます。空腹にもなりにくく、更に過食を防止してくれます。コレステロールも吸着し、体外に出す作用があります。なのでコレステロールが高めの人にも効果が期待できます。

 

水溶性食物繊維を多く含む食べ物

 

納豆、ごぼう、きのこ類、おくら、海藻類、やまいも、アボガドに多く含まれています。また私の個人的な納豆の食べ方としてお勧めなのが、納豆ご飯にえごま油やオリーブオイルをスプーン一杯かけるのです。

 

栄養価が高く、良質のオイルをほどよく摂取するのは大変お勧めです。これらの食べ物を日常意識して食べてますか?

 

少しずつ取り入れることで腸内変化が起こります。調理を工夫したりしながら、意識してとっていきましょう。

 

食物繊維で善玉菌を増やしていく

 

上で説明した水溶性食物繊維は、ビフィズス菌を始めとした、善玉菌のエサにもなり、腸内環境を調整するのに大活躍してくれます。

 

善玉菌が増えると悪玉菌を減らし、排便がスムーズになります。逆に悪玉菌が増えると便秘や下痢をしたりととにかく不調になり、マイナスなことだらけです。

 

悪玉菌が増える食生活の例

 

手軽に食べれるからとファーストフードでハンバーガーやフライドポテト、ピザ、カップラーメンなどをたくさん食べてませんか?

 

時間がないときには確かに安く簡単に食べれるかもしれません。でも腸内ケアにはプラスになることは一切ありません。また腸内だけにとどまらず脂肪蓄積もしやすく肥満になりやすくなります。そういう点でもメリットは全くありませんので、控えましょう。



ホーム RSS購読 サイトマップ